睡眠障害の原因と解消方法を知ろう|スヤスヤ快眠生活

男性ドクター

快適な睡眠は心身健康

横になる女性

不眠症は生活習慣で改善

睡眠障害と一言で言ってもその種類はたくさんあります。不眠症や過眠症、睡眠呼吸障害などです。睡眠の役目は記憶力の向上や、肉体的精神的疲労の回復、肌の回復など様々です。十分な満足する睡眠ができないと日常生活に大きな支障を及ぼすことになります。不眠症とは、夜寝つきが悪かったり、眠りを維持できず夜中に何度も目が覚める、朝早く目が覚める、眠った感じがしないなどです。そのため日中には眠気や注意力の散漫、疲れやタイ直不良などが生じます。日本では5人に一人がこの不眠症に悩んでいます。加齢とともに増加することも大きな特徴です。要因は、時差や暑さや騒音、明るさなど環境によるもの、年齢や頻尿、痛み、かゆみなど身体的な要因。悩みやストレスなどによる心身的要因、アルコールやニコチン、カフェインなど生活習慣的要因など要因は様々です。男性より女性に多く、これは体のつくりによるものや考え方の違いなどによるものです。睡眠障害でも比較的生活習慣が関わっているため、要因として考えられることをひとつづつ取り除くことが治療の第一歩です。生活環境が変わると生じやすいともいわれており、時間とともに解決することのできる病気でもあります。

病気になる可能性もある

逆に過眠症は、夜十分に眠っていたにもかかわらず、日中に強い眠気が襲う病気です。起きているのが困難になるほど睡眠障害を伴う場合もあります。不眠症とは逆に若いころに発症しやすい病気の一つでもあります。日本では1000〜2000人に一人の割合で生じる病気です。日中に強い眠気は感じますが、おおよそ30分程度で目覚めてしまう特徴があります。突然眠気が襲うことがあるのが厄介です。生活環境が要因ではなく、脳内の覚醒維持機能の異常や夜間の睡眠障害がある場合に生じやすくなります。そのため、医師に相談のうえ治療を行うことをおすすめします。最近話題にもなっているのが睡眠呼吸障害です。睡眠中に以上な呼吸を示すものです。代表的なものは睡眠時無呼吸症候群であり、夜間睡眠中に何度か呼吸が止まる症状です。これは重大な病気になる可能性も秘めており、高血圧や脳梗塞などの発生要因にもなります。日中の眠気や大きないびき、夜間の頻尿、各政治の倦怠感、頭痛などが症状として現れます。夜間の症状は自覚症状がないのが特徴で家族などの指摘によって発覚することがほとんどです。肥満や脂肪が多い人などがなりやすくこれも大きな疾患につながる可能性が高いため医師の診断が必要です。医師の診断が必要と言うより、専門知識のある医師にしか治せないと言っても良いでしょう。睡眠障害の原因となる要素は日常の中に多数存在しています。原因を取り除かなければ当然効果的な治療を見込めないのですが、付け焼き刃に自力で改善しようとしても、時間をロスするだけの結果につながってしまいます。しかし病院の医師なら、経験に基づく適切な治療を行ってくれるでしょう。

眠りに関する病とは

メンズ

睡眠障害は心の病に伴ったり、心の病の前兆として現れることがあります。治療法は近年進歩しており、比較的容易に治療が可能です。睡眠障害には不眠と過眠があり、それぞれに応じた環境調整や適度な運動で改善されることが期待できます。

View Detail

眠りの質を良くする

眠る女性

睡眠障害があれば必ず睡眠薬を飲むわけではなく、その原因に合わせて治療法が選ばれます。精神疾患や身体的疾患があればそれを治す治療法が使われ、それ以外には習慣を正し高照度の光を浴びることで睡眠時間を矯正する治療があります。

View Detail

眠れない人のための治療

笑顔の人

睡眠障害で悩んでいる人は多く、その症状が辛かったり、仕事にも支障が出てくる可能性もあります。解消方法として、まずは原因を取り除いていくようにし、難しい場合は病院での治療も効果が期待できます。処方された薬を正しく服用していき、質の高い睡眠にこだわっていけば、快適な毎日が送れるようになれます。

View Detail

眠れずに過ごす辛さを改善

レディー

睡眠障害は社会問題となるほど眠れずに苦しむ人が増えてきています。その原因となるのがストレスからの緊張感や最近使う人が増えてくるようになってきたスマートフォンといわれていまして、夜眠れずに過ごす人が多くなってきています。

View Detail